« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

細胞を活性化させるために

いやー。辛いっすね。ホルモン療法の副作用。更年期障害の症状。

むろん抗がん剤のそれとは比べ物にならないけど。

今週の土日は寝込んでいた。でも家事やら買い物はしなくてはならない。すでに50代主婦の境遇・・・。

心臓がドキドキ踊ってるし(動悸)、突然の赤面(ホットフラッシュ)で、ひょっとしてオレのこと好きなの?と勘違いされたら困るんだけど。恋じゃないんだっつーの。

某後輩に強烈に勧められて、10月から飲み始めたものがある。

抗がん食品とまではいかないけど、アンチエイジング効果があるとか。

赤塚のパイロゲンってやつ。150ml、350円。一日5本飲めと言われている。最初の3ヶ月は自分に投資しろ、と。で、言われるままに飲んでる私。

たしかに今までの生活を見直す必要はあるのよね。ただでさえ、ホルモン療法で細胞が老けてるんだから。なので、とりあえず実践中。

細胞は3ヶ月サイクルで生まれ変わるものだから、まあ3ヶ月は続けてみないと本当の効果は出てこないでしょう。化粧品もしかり。続けることが大事。

しかしにんにく卵黄にも興味がある私。

|

2006年11月18日 (土)

会社の宿業?

会社復帰して1ヶ月。

行くだけで疲れるけど、どうにかやって行けそう。

ところで、会社の先輩の検診結果は、どうやら黒らしい。一週間会社を休み、現実のものとして受け止められず、毎日泣いていたとか。今週は来て、少し元気になってるみたい。

落ち込む気持ちは本当にわかる。でも、落ち込むとますます良くないし、大丈夫だと信じて強くなってほしいと思う。

私にできることは、同じ病気の者として、話を聞くことぐらいだ。

私が、同じ病気の人に、話を聞いてもらって救われたように。

ところで、支店長が複雑骨折で入院した・・・。

うちの会社、ヤバイんじゃ。だっておととしあたりから、入院、事故、手術があとを絶たないんだもん。

2004年 Yさん、喘息で1ヶ月入院。/E課長、十二指腸潰瘍で入院。/Fさん、交通事故で骨折、2ヶ月入院。Yさんは軽傷・・・。/Aさん、脳腫瘍で1ヶ月入院。

2005年 N元支店長が新年早々、会社で腹痛をおこし、救急車で運ばれ手術。原因不明なのに腹を切られたらしい(地元では有名なヤブ医者。。。)/メーテル乳癌の疑い発覚。

2006年 メーテル乳癌で9ヶ月療養/復帰したら今度はTさんが乳癌の疑い濃厚/おとといからⅠ現支店長、骨折で入院・・・・・・・・・・・

こんな支店あるのか!?ありえねえ!!いや、ありえちゃってる!!!!

マックスでも20人以下の支店なのに、超不幸続きだよ。

私の見解としては、毎年恒例行事の神社参拝が原因かと・・・。みんなも「それかも・・・」みたいな雰囲気になってきちゃってるし。

来年はやめるように提案しようと思う。。。

宿業が切れるよう、祈ります。マジで。

ところで本日、妹が入籍する!!!いろいろ大変だけどね。向こうの親とか。でもハッピーな出来事には間違いない。私も自分で幸福の城を築く努力をしなきゃな。砂の城は、もう作らないぜ。

|

2006年11月 5日 (日)

ごあいさつ

今回の癌の検査に初めて行ってから、ちょうど一年がたった。

そして今、身の回りの人が乳がん検診に前向きになってくれている。

そんな中、ある人が検査でひっかかった。明日、細胞診の結果を聞きにいくらしい。

白であることを願うよ。

やはり、乳がんが増えていると痛切に感じる。肌身で。課長の奥さんと、そのお母さんも結構大変らしい。毎日泣いているとか。

課長は「メーテルさんは強いね」って言う。通院も検査も結果聞くのも加療も何もかも、全部一人で行ってたから。奥さんは、とても弱いから、一人で行くのは大変らしい。

私は人に面倒かけるのがキライなタイプなんで、一人で行ってたけど、正直誰かに付き添ってもらったからといって、楽になるとも思ってない。

強いというか、冷めてるのかもな~。

初検査から一年、節目を迎えて、抗がん剤までの回顧録を、ちょっとずつアップしていくつもり。

ついでにウザいトラックバックやコメントが入り始めたので、しばらく全てを拒否することにした。また再会しますんで、その時はコメントよろしくです。

最近の体調はといえば、ぶっちゃけ辛い。ほてり、けだるさ、動悸がハンパない。当たり前だが、特効薬もない。眠りも相変わらず浅い。

仕事再会して3週間。毎日が精一杯。せめて4月までは頑張る所存。

|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »