« 美味しいものはスキな人と。 | トップページ | 会社の宿業? »

2006年11月 5日 (日)

ごあいさつ

今回の癌の検査に初めて行ってから、ちょうど一年がたった。

そして今、身の回りの人が乳がん検診に前向きになってくれている。

そんな中、ある人が検査でひっかかった。明日、細胞診の結果を聞きにいくらしい。

白であることを願うよ。

やはり、乳がんが増えていると痛切に感じる。肌身で。課長の奥さんと、そのお母さんも結構大変らしい。毎日泣いているとか。

課長は「メーテルさんは強いね」って言う。通院も検査も結果聞くのも加療も何もかも、全部一人で行ってたから。奥さんは、とても弱いから、一人で行くのは大変らしい。

私は人に面倒かけるのがキライなタイプなんで、一人で行ってたけど、正直誰かに付き添ってもらったからといって、楽になるとも思ってない。

強いというか、冷めてるのかもな~。

初検査から一年、節目を迎えて、抗がん剤までの回顧録を、ちょっとずつアップしていくつもり。

ついでにウザいトラックバックやコメントが入り始めたので、しばらく全てを拒否することにした。また再会しますんで、その時はコメントよろしくです。

最近の体調はといえば、ぶっちゃけ辛い。ほてり、けだるさ、動悸がハンパない。当たり前だが、特効薬もない。眠りも相変わらず浅い。

仕事再会して3週間。毎日が精一杯。せめて4月までは頑張る所存。

|

« 美味しいものはスキな人と。 | トップページ | 会社の宿業? »