« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月24日 (日)

クリスマスソング パート2!

先日、私のipodクリスマスソングを紹介したが、その数日後に、友人からクリスマスソングCD-Rをもらった。

これをくれたのは女友達なんだけど、CD作成者は40歳くらいの男性(上司)らしい。

感想→「は!?てゆーかオレより若いだろ!!」   それではいってみよ~~!

1.ファーストクリスマス:K
2.Winter Love : BoA
3.クリスマスの約束:ゆずおだ
4.もしも雪なら:Dreams Come True
5.I love Xmas : Tommy Heavenly6
6.粉雪のシュプール:-十三十ー
7.Christmas List:平原綾香
8.キミノキセキ:SOULDOUT
9.一人のクリスマス:エイジア・エイジア
10.スローラブ:竹内まりや
11.しるし:Mr.Children
12.Platinum Kiss:ゴスペラーズ
13.日の当たる坂道:ゴスペラーズ
14.クリスマス・イブ:山下達郎

私のと比べると、山下達郎しかかぶってない。うまくできている。

|

2006年12月11日 (月)

外来

4回目のホルモン療法のため、病院へ行った。

今日は11:10予約で、会計終わったのが14:10。約3時間。意外に早かった気がする。慣れって怖いよね。

1月末に手術し、その後は放射線治療・抗がん剤治療・ホルモン治療、と順調にやってはいるが、その間に「検査」らしい検査はしてないので、ちょっと不安で聞いてみた。

主治医曰く「来年PETで検査しようと思ってる」とのこと。

転移がないか、全身くまなくチェックできるし、一発でできて金額的にもお得だとか。

「心配しなくてもメーテルさんのは転移するような癌じゃないよ」と主治医、断言。

楽観的だね~。

検査をしょっちゅうやってるからといって、再発率が下がるというわけではない、というのは本で読んだ。(もちろん早期発見にはつながる)

ならば、おおらかに構えて行きますよ。考えたってどうにもならん。

ついでにインフルエンザの予防接種も勧められたので、受けることにした。

今日は珍しく尿・血液検査もした。

右下腹部・左肩・右腕に注射したわけで。ハリセンボンだな、こりゃ。

今年のインフルエンザの注射したとこは、かなり赤く腫れてかゆいそうだ。

備えあれば憂いなし。

|

2006年12月 9日 (土)

クリスマスソング

私のipodに入っているクリスマスソングを紹介。

これは、3、4年前に同僚がCDに焼いてくれたもの。当時は楽曲をダウンロードするなどというのは一般的ではなかった(私たちだけかも知れないが)。

つまり、CDレンタル屋などで借り集めた、汗と涙と氷の結晶。珠玉の一枚とも言えよう。それだけに愛着もひとしお。簡単に手に入れるよりもね。

では行ってみよう!

1 ハッピー・クリスマス (ジョン・レノン&ヨーコ・オノ)

2 いつかのメリークリスマス (B’z)

3 恋人はサンタクロース (松任谷由実)

4 DEPARTURES (globe)

5 ラスト・クリスマス (ワム!)

6 白い恋人達 (サザンオールスターズ)

7 サイレント・イヴ (辛島美登里)

8 寒い夜だから・・・ (trf)

9 雪が降る街 (ユニコーン)

10 クリスマスキャロルの頃には (稲垣潤一)

11 恋人たちのクリスマス (マライヤ・キャリー)

12 クリスマス・イブ (山下達郎)

13 WINTER SONG (Dreams Come True)

「冬」「年末」という要素を含んだ曲も含まれてるかな。

いずれにしても、自分は80年代が好きな人間かと思われる☆

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »