« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

回顧録その2 ~手術の日~

2006年1月31日。火曜日。手術の日。

朝9時から手術ってことで、母と会社の休みをとった妹が来てくれる。

もともと度胸の座った性格のため、特に不安も緊張もない。

部屋のベッドで肩注射を打って、歩いて階下へ。ベッドに寝かされ手術室へ移動。

全身麻酔は注射だった。(友人の話ではガスマスクみたいなやつで口から吸い込んだらしい)打たれた10秒後以内には、もう意識はなかった。

叩き起こされて、気がついたら手術終了。「終わりましたよ~!」

(ああ、終わったんだ)とぼんやり思う。切ったところが、痛かった。

気がついたら、大部屋に戻っていた。酸素マスクをして、点滴を打ち、腕や足がなんかで固定されてて、眠ったりぼんやり目が覚めたりの繰り返し。

得意先のお客様から届いたフラワーアレンジメントが見えて、また眠った。

2s3sh0193 夜中の3時に目が覚めて、そこからが一番辛い。眠れないのだ!

両足は、血栓症予防のために、電動サポーターのようなものが巻きついて、締め付けたり緩めたりしている。左手には点滴。口には酸素マスク。まったく身動きが取れない。寝返りがうてないので、体中が痛い。特に腰。疲れて眠ってしまうが、痛くて目が覚める、の連続。

看護師さんが懐中電灯を照らしながら、15分おきくらいに見回ってくる。「6時になったら、起き上がれますよ」と言われる。看護師さんが来るたび時間を聞くけど、朝まではまだまだ遠い。

ずっと、死んだばあちゃんのことを考えて耐えた。5年間病院のベッドで闘病し続けたばあちゃん。どんなときも弱音を吐かず、歌を高らかに歌って、生き抜いた怒涛の5年間を思えば、自分の数時間なんて、とるにたりないことだ、と。

今ここにいなくても、生前の姿を思っただけで、自分を励ましてくれるという存在。

生きてる死んでるって、そんなに変わらないような気がした。だって、私の中で明らかに存在しているから。

長い長い夜がやっと明けてきた。

|

2007年1月30日 (火)

回顧録その1 ~入院~

2006年1月30日。月曜日。ちょうど一年前。手術のため入院した。

晴れて気持ちのいい日だった。

病院との連携ミスで、入院が2週間遅れた。そのため外科のベッドは空いてなくて、整形外科の大部屋にされる。

周りは腰やら足の悪いおばあさんばかりで、同じ境遇の人がいなくて、話が合わなかった。

なんの病気かはやっぱり聞かれるわけで。「乳がんです。」と答えると「あら~若いのにかわいそうねえ~」とみんなが言ってたっけ。別に嬉しくもないしむかつきもしない。

窓側のベッドでよかった。外は、向こうの病棟しか見えずに、監獄みたいだったけど。

2s7sh0197 手術は翌日。そのため下剤を飲まされる。さらにトイレに行き、美人看護師さんに浣腸を打っていただいたのが、妙に思い出深い。かわいかったな~。優しいし。男の気持ちがちょっとわかる気がした。。。

しかも周りを行き来する医師が、なぜかほぼ全員イケメン軍団だったのもまた、趣深い。

日々暮らしててもそんなにイケメンっていないのにね~。こんなとこにいるんだね~。看護師さんも美女ばっかだったし。医師と看護師。合コンするの楽だろうな~とか、あれこれくだらない妄想にふけってるのも、暇つぶしになってよかったのかもしれない。

明日はまな板の上の鯉。

|

2007年1月21日 (日)

リュープリン5本目以降

きついっす。

注射した後、すぐ具合悪くなることはなかったが、今回の5本目を受けた後は、超しんどい。

とにかくだるくて、気持ちが悪くまでなる。心臓が疲れてるっていうか。ホットフラッシュもひどい。

やはり疲れが溜まっていると、症状も悪化するのだろう。慣れてきたから、もうお手のもんだと思っていたけれど、そうではないのだな。

ついでに風邪気味になってしまった。くわばらくわばら。

もうすぐ、手術をしてから一年になる。

は、早い。早すぎる。

今年三十路突入か~。なんだかいろいろ変わる予感・・・。

|

2007年1月12日 (金)

外来

本日、5回目のリュープリン注射をしてきた。

先生の診察はなし。注射のみ。

15600円也。

治療代が本当にかかる病である。抗がん剤は一回3万以上かかってたし。

働き続けないと払えない。否、働くことができて、ありがたいのだ。

病院の帰り、後輩で親友のSの会社に向かう。遅ればせながら誕生日プレゼントを届ける。

昼寝用のピロー。ものすごい喜んでくれた。素直なやつだな。カワイイぜ。

車中で、最近の状況や軽い愚痴?を聞いてもらったら、妙にスッキリした。ありがとうS。

愚痴言いながらやるくらいなら、やらないほうがいい。

どうせやるなら、気持ちよく! その方が、得だもんね。

明けない夜はない。明けた時に、なんとなく解決しちゃってた、だと成長がないよな。暁を見るまでの辛い期間を、どう向き合ったか。どう闘えたのか。それが大事なんだ。

|

2007年1月 8日 (月)

冬は、もつなべ。

先日、恵比寿の「蟻月」、行って参りました。

感想は、超~~美味しかったです。

ちょっと味が濃いというか、しょっぱいような気もしたけど。それは私が最近健康に気をつけているからそう思うのかも。現代人には普通なのでしょう。

赤だし(しょうゆベース)と白だし(みそベース)の二種類食べた。あと、酢もつ、さっぱりしてて、美味しかった。

もつは、とろけてしまいそうな柔らかさでした。

ただし、翌日、注意です。かなり臭います。湯船に入り、汗を出してから寝ないと、周りにメイワクをかけるでしょう。ブレスケアも、必須でしょう。

人気店のため、なかなか予約が取れないとのことですが、友達が顔がきくので、簡単に取ってもらえた。

|

2007年1月 1日 (月)

光一くん 28歳 オメデトウ☆

年が変わる瞬間の、あの厳かな、神聖な気持ち・・・。

年をとるにつれ、それはだんだんなくなっていき、今年は、とうとう皆無であった。

忙殺されてるから、しょうがないのかなあ。オトナってやだなー。

年賀状も年明けてからやっと書いている。本当に時間がない。

先月からずーーっと、体調60%の私が、会社が終わったら買い物してみんなのご飯作って洗い物して風呂掃除して・・・っていうのは、かなり疲れます。

ついでに酒の量も増えてしまう。ほぼ毎日飲酒。主にワインなんだけど。

まあでもどうにか生きてるのは、10月から飲み始めたパイロゲンの効果のような気がする。疲れにくくなったし。心臓が動悸しても、今までのようにひどくはない。だから、こんなに忙しくても、そこまで落ち込まなくて済んでいるのかもな。

あと、体重をキープできている。ホルモン治療で太ることをとても心配していたが、今のところしっかりキープ。これもパイロゲンのアンチエイジング効果かも。一年前のパンツ類は、今はぶかぶかだ。どんだけ太ってたの?って話。

つーか、これだけ働いてりゃ、太らないか。

結婚しても働けそう・・・。。。

今年は、少しはいいことありますように。これくらいの他力本願は、かんべんしてくれ~。

追記:12/30は恒例のKinkikidsの東京ドームでのコンサートでした。今年もいろんなライブに行きたいものです。モノより思い出。

|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »