« 考察・髪とかつら① | トップページ | 考察・髪とかつら② »

2007年4月16日 (月)

外来 (疲・驚)

リュープリン8本目!!

11時に診察券を出し、1時間近場のタリーズでカフェモカを飲みながら、日経をガン読み。

12時に戻ってみるも、全然呼ばれてる気配なし。

おなかがすかないし、土日からずっと心臓の動悸が激しいので、移動せず座って日経ガン読み・音楽鑑賞・瞑想にふける。

13時半、ようやく「中待合室」に呼ばれる。その辺にあった秋葉原マップを眺める。

14時、やっと診察室へ呼ばれる。

少しして、主治医が入ってきて開口一番、

「あれ!?なんか洋服いつもと違うね!!そんな服も着るんだ~~」

(え!?・・・普通、患者に突然服のことなんか言わないよ~。「顔色いいね。」とかじゃないの?つーかそんなに毎回チェックしてるのかい!?アワアワ)

「えっ・・・まあ、会社休んでますんで・・・」

「髪、短いほうがいいって。似合ってるよ~」

(立て続けにチェック入れまくられる。つーか恥ずかしいんですけど。)

「ハハハ・・・。みんなそういってくれます。でも伸ばしたいんですよね。」

「え~そのままのほうがいいよ。ねえ、短いほうがいいよね?」

(看護士に語りかけている。が、彼女は困惑していた。そりゃそーだよ。この人私のこと知らないでしょ(苦笑))

「オレさ~、朝から何も食ってないよ。100人診てるんだよ。一人5分で500分だよ。ひどいでしょ?」

「かわいそうですねえ」

と世間話?で診察終了。。。

「あの~ところで先生、先月の検査結果は・・・?」聞かないと向こうからは教えてくれない)

「あ~全然オッケーだよ。」

・・・その後は看護士さんに注射打ってもらって、10分で退室。。。

20代の患者ってあまりいないのかも知れない。周り見渡せば、みな、おばさま以上だ。きっと若い娘(と敢えて断言する)と話せて楽しいのだろう。そしてこの先生、絶対遊び人だと思う。そういうオーラがムンムンするんだよな~。はー。

この病院とこの先生についていくには、このようにネタにしていけるくらい大らかでいられることが条件でありんす。

で、どんな服着てたのかというと、説明しづらいけど、まあ最近の子の格好です。

|

« 考察・髪とかつら① | トップページ | 考察・髪とかつら② »