« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月27日 (土)

外来 (欧米か!?)

昨日、リュープリン14本目と主治医による診察。

いつも5分なのに、昨日は20分くらい話した。(もう待ってる人もいなかった)

元気そうだねと言われたが、座っていても貧血気味になったり、体調がすぐれないことを訴えた。

そういう時は、太ももの横あたりを強めに叩くといいらしい。循環が悪くなってるからだそうだ。叩くことによって心臓に血液が送られる。

それで、不安に思っていることを聞く。尿検査・血液検査だけで大丈夫なのか?先輩は半年・一年検診などやってるし、子宮体ガンの検査もやっていること。私は超音波すら術後に1回もやってないのは、どういうことなのか、と。

主治医の解説を聞いて、納得した。

詳しくは述さないが、要するに人によって違うということなのである。

「別に怠けてるわけじゃないよ~。精密検査はお金もかかるし、やる必要ないならやらないほうがいいじゃん?メーテルさんの給料なら大変でしょ。(何で知ってんだオイラの給料!)でもそんなに言うなら骨シンチの検査受けてよ。何かあったらやだしね~」

あと、よく本にあるが、良くない食べ物だとかのいわゆる「べからず集」についても聞いてみる。

あれも、医学的に根拠のないものが多いんだとか。ガン患者のA組には牛乳を飲ませ、一方B組には牛乳を全く飲まさずに、数年間両グループの様子をみて、再発率を調べる、というような実験をやって出た結果なら「牛乳は良くない」という結論も納得がいくが、そうではない。統計的に見て、乳製品を良く摂取する欧米の乳がんが多い→牛乳は良くない、という判断になってるのだ、と。

それに、ガンになってない人の予防と、ガンになってしまった人の再発予防というのは、概念が異なるということ。言われてみればその通り。じゃあもう気にしなくていいじゃん。

結局、「わからない」ってことなんですね。なんでガンになるのかも、どうすれば再発しないのかも。明らかにタバコが肺がん等のリスクファクターになる、というのとは違って。

あと、私の癌はホルモンレセプターが深く関わっているタイプなため、ホルモン治療中に再発することはまずない、と言われた。そういうのも、検診の頻度に関係しているようである。

アメリカなどは精密検査ってほとんどやらないらしい。(再発の発見時期が早いのと遅いのとで、余命は比例しないとされているから)

私の主治医は欧米タイプということだな~。なんか重大な病気なのに、最初っからノリが軽いしね。繊細な人にはちょっと厳しいとこもあるけどね。。。

とりあえず、会社の健康診断でエコーやって異常なしだったので、タダでできるしそれでいいや、という結論。

てなわけで、来月は骨シンチ。(初)

それも「そんなに言うならやってよ」というレベルの検査・・・。

最後に主治医に一言申し上げました。

「先生って、変わってますね」

|

2007年10月21日 (日)

夏が遠ざかるころ

超超超、調子わりぃ!!!超超超超、調子ワリィ!!!

椅子に座っているのに立ちくらみ?する。

衝撃的なモンばっかり見るはめになって、動悸がする。

てことで、最近やたらネガティブな日記な気もするけどしかたない。Because闘病ブログだからね。

ありのままを書けば、同じく闘ってる方の参考になるわけだし。

夏の疲れでしょうね。健康な方たちも、風邪引きさんが多い。私の体調が悪いのも不思議ではない。

同じくホルモン治療中の会社の先輩と、病気についていろいろ話すことがある。

「手術したほうの手で重いものを持つと、将来、浮腫になりやすくなる」

「日焼けしてはいけない」

「牛乳は良くない」

などなど、様々教えてくださる。

周りにそういう知識を教えてくれる「癌友」がいるみたい。

しかし、ここ最近の私は、あまり「べからず」を意識せず、かなり適当に好きなことをやってしまっていたので、ちょっとビビりつつも、なんか・・・あまり気をつけすぎてもそれってどうよ、とも思ってしまう。

そりゃ、気をつけたほうがいいに決まってるんだけどさ。

私は私なりの考えでやっていくよ。

Because、私の人生だから、さ。

|

2007年10月 8日 (月)

悪夢

主治医に再発を宣告される。

という夢を見た・・・

さすがの私も、夢の中で泣いてました。

気をつけろ、っていう暗示だと思う。

最近、相当ダメな食生活・・・。酒も飲みまくっているし。カロリー高いものもたくさん食べてるし。。。

反省。

あと関係ないけど、秋服に対する購買意欲がなぜか沸きません。

|

2007年10月 2日 (火)

飾りじゃないのよキノコは

大変嬉しいことに、同じ職場の先輩が、私と同じ乳がんだったのだが、今日会社に挨拶に来た!!

明日から、パートタイムで働くとのこと。よかった。本当によかった。

先輩は、私が職場復帰を果たした去年の10月の後、乳がんが発覚し、休職になった。

とにかくずっと落ち込んでいたらしい。毎日泣いていた、とも聞いた。

上司の奥さんも、同じ頃、乳がんが発覚、その後子宮がんも発覚している。やはり、毎日のように泣いていたらしい。

身近にこんなに乳がんが多いとは。いまさらながらに複雑な心境です。

しかし、私は、この病気に関して、落ち込んで泣いたことがないような気がするのです。

否、落ち込んでも泣けない体質?それって体に悪いんじゃね?

上司の奥さんは、上司から私の話を聞いて「メーテルさんという人は特別に強い人なんだ」とおっしゃっていたそうだが・・・

そうなのか?

正直、私は、強いというより、自分の危機すらも真剣に受け止めきれてないだけなのかも知れない、と思う時がある。

ひょっとして、これって、精神防衛本能なのかな、精一杯の。

特に最近は、できるだけ余計なストレスを溜めたくない、という思いが強いしね。

ここ数年の私は、異常なほどストレス貯金をし、それを自らで運用し、分配を出し、気がつけば再投資していて、ストレス指数も軒並み高く・・・ てなカンジだったのだろう

今は、仕事内容を変えただけで、心が軽いもんなー。

毎日、なんでもいいから、アハハと笑っていたいものです。

あとたまには良質の焼肉を食べて血の気を多くしたいものです。

血圧低くて真っ白です、顔。

|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »