« あらためまして、あけおめ。 | トップページ | 外来(1・25) »

2008年1月15日 (火)

僕は思う

今日付の某新聞の、いわゆる天声人語のような欄に、あるオヤジの話が載ってるのだが、それはズバリうちのお父上の体験なので、わかる人は見てくれ。

そして、今日はさらにまた大きな壁と向き合う日でもあった。

幸せと表裏一体の大きな不安。いや、それらは並列なんだ。同時進行なんだ。

正義と悪みたいなものだ。正義は必ず勝つわけじゃないから、正義を勝たせなくてはならないんだ。そうだ。

もう愚痴とか言ってる暇はない。

病気で一番底辺まで行った時の心はとても澄んだ水のようだ。自分は苦しいのに、湧き出てくる心は醜い感情のひとかけらもなかった。

そんな経験があったなと、今日思い出した。

誰が見てなくとも、自分で誇れる生き方をしていきたいと思う。どんな苦難が待ち受けていようともね。

|

« あらためまして、あけおめ。 | トップページ | 外来(1・25) »