« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月26日 (土)

外来(診察アリ)

4/25、リュープリン20本目。

「20」か。時の経つのは本当に早いものだ。

主治医が無期休職につき、今は代理の先生。前回は女性だったが、今日は男性だった。

何か変わったことはないですか?と聞かれたので、「当たり前のことですが」と前置きした上で、最近は特にだるく、動悸がひどく心臓が痛いこともあると伝えた。

それに対して特に回答はなく(いいんですけどね!)手術の時に切った痕が引き攣れたりしないか聞かれた。

なんか今日久々に縫い目の痕を見た。なんか・・・気持ち悪かった。今後はあんまり見ないようにしようと思う。

リュープリンを注射するときに「(腹部の)右と左、どっちにしますか」と聞かれたので、なんとなく「いつも右だから左にお願いします」と言った。

そうしたら「え?いつも右なんですか?交互にやったほうがいいんですよ」と。

はい、聞いてねえよ!(もう慣れたんですけどね)

今まで右に連打しちゃったよ。卵巣は大丈夫なのだろうか?ハァ・・・。

その後は血液・尿の採取をして終わった。

もう2時を回っている。今日の昼は神保町の美味しいと評判のハンバーグ屋と決めていたが、さっぱりしたものがいいなと思い、結局前にも行った回転寿司にいく。

今日も回転してるのはベルトコンベアのみだった。そしてまたもやお湯の出し方を間違えて手にかかった。。。

鯵は美味しい。脂がのっている。安い店に行くなら、旬の魚を食すべきだな。

それからタリーズに行き、カフェラテにバニラのアイスクリームをトッピングぅgoodでオーダー。

しかしサイズを聞かれ、間違えて「グランテ」と言ってしまい、デカすぎた。。。。

もうさー、大きさは大中小でいいじゃん。ここは日本だぜ!?

てなわけで、大量のコーヒーに辟易しながらも、持ってきた文庫本を読むことにした。カフェで読書。ありふれた日常の1コマ。それすらも真新しいことに感じる。

琴線にふれるセンテンスがいくつかあった。三分の一までしか読んでないけれど。

「彼女にとっては、毎日が同じだった。毎日が次の日と同じだということは、太陽が昇るというような、毎日起こっているすばらしいことに、気がつかないからなのだ。」

平凡って、本当に、非凡なことだね。

何かできるわけでもないけど、万物に対する感謝は、忘れてはいけないね。

|

2008年4月13日 (日)

タイトルなしという名のタイトル

こんにちは。

わたくしメーテル(の家)は、また大きな宿命にぶつかりました。

エイプリルフールから12日

ひとりで戦っております。本当、人生はひとりで船をこぐことだね。泥舟に乗っては沈むだけだ。

もう少し落ち着いたら、また書きます。(たぶん。)

ところで、しばらくやめていたパイロゲンを再開したら、体調が良くなってきた。

高いけど、続けよう。

健康は、お金には変えられん。

ところで最近頭の中で流れる曲は「ロード」。脳内リピート再生中・・・・・

【なんでもないようなことが/幸せだったと思う/なんでもない夜のこと/二度とは戻れない夜】

ジョージ、また歌出せばいいのに。聞かせてくれよ魂の叫びを。

|

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »