« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月24日 (木)

北斗昌さんと妹と。

先日、ニュースで知って驚いた。
乳癌だったこと、右乳房全摘出手術が必要であること、リンパに転移している
可能性が高いこと。

すべてが衝撃だった。検診していたのに、なぜ・・・

そして先ほどブログを読んだ。

泣いた。

どれだけの絶望の淵に立たされたか、私には想像もつかない。私も「乳癌」という同じ経験をしているけれど、全摘出、転移の可能性を知らされた時の気持ちは、到底わからない。

文中には、有名人である自分がこういう運命に「選ばれた」ことに意味がある、と使命を感じていることがとても印象的だった。

闘う覚悟、腹が決まった人の言葉だと感じた。

どうか、術後の治療が効果を発揮し、愛するご家族とずっと一緒にいられるようにと祈ります。

そんな今日は妹の抗がん剤第二回目の日。朝送ったLINEの返信は来ない。副作用で苦しんでいるのだろう

大型シルバーウィークは、何日か子供たちを我が家で預かった。
昨日、妹はしばらく疎かになってしまう家事をまとめてやったらしい。
掃除や作り置きのおかずなどを作ったのだろう。顔を見たのは断髪式以来だ。髪はほとんど抜けているようだった。

母として、主婦として、頑張っている姿に頭が下がる。

私が、当時同じ乳癌の方のブログで励まされたように
北斗さんの闘いを見て、たくさんの人が励まされるに違いない。

そして私もまた、自分と同じ宿命をたどることになった妹を支える使命もあったのだと、
心から思える。

|

2015年9月14日 (月)

妹、副作用と断髪式

抗がん剤の初投与後、帰宅途中で急激な吐き気に襲われた妹だが
その2日後に訪問すると、だいぶラクになり、うどんを食べたというから驚いた。

台所に「立っている」だけで驚いた。

さらに超食べ盛りのこどもたちのご飯もしっかり作っているという・・・

私は1週間くらいは吐き気でほとんど起き上がれず、ただ寝たきりで、食べられなかったので。
副作用の出方も、度合いも、本当に人によるのだと思う。

そして本格的な脱毛が始まる前に、髪を短くしてほしいといわれていたが
不器用な私は実はとても気が重かった。

私の断髪は、妹がプロ並みにベリーショートにうまく切ってくれたのだが・・・。

ところが。

昨日訪問したら、なんとロングヘアをなかなかおしゃれなショートヘアにしているではないか!

聞けば、自分で切ったという(絶句)

私が気がかりに思っていることに気が付いて、自分で施した様子。

襟足の部分だけ簡単に整えてあげるだけで済んだ。すまないね・・・
それにしても本当に器用だと思うよ。

今日の連絡。

びっくりするくらい脱毛が進んだ、とのこと。

徐々に抜けていった私とは、ここも違う。
なんか、全体的にスピード感があるな・・・

この勢いで、疾風のごとく終わってくれたらいいのに。

そうはいかないか。4クールやらねばならないのだから・・・

しかし、思っていたよりも本人は強く、前向きだったし
副作用はキツイとはいえ、私のときよりも活動できているのが本当にうれしい。

こどもを守るための本能なのか、すごい力を持っているんだな、人間って。

|

2015年9月 3日 (木)

妹、抗がん剤開始

妹は7/31に乳がんの手術をした。
良性だと思ってた塊は悪性だったため
再度切り取る、という手術。
そしてたったの二日で退院。
悪性度は私と一緒だったし
今後の治療スケジュールは、ほぼ私の時と同様だった。
治療は、いわゆる、フルコース。
衝撃だった。

そして今日。9/3。
いよいよ抗がん剤治療がスタート。

夕方にLINEが来る。
薬局で薬を貰っているときには
もう激しい吐き気がきた、とのこと。
そんなにすぐ来たのか。
私のときと違う。
やはり体質や薬剤によっても違うのか…

子供はまだ小さい。
妹の旦那も姉の私も仕事がある。
母は長年闘病中。
もう子供の学校も始まっていて
この先、どうしていけばよいのか。

今日は、亡くなった祖母の祥月命日だ。
妹の娘は、祖母の名前を引き継いだ。

おばあちゃん、どうか私たちを見守ってください。
これからが本当の闘いだ

|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年10月 »