« 妹、抗がん剤開始 | トップページ | 北斗昌さんと妹と。 »

2015年9月14日 (月)

妹、副作用と断髪式

抗がん剤の初投与後、帰宅途中で急激な吐き気に襲われた妹だが
その2日後に訪問すると、だいぶラクになり、うどんを食べたというから驚いた。

台所に「立っている」だけで驚いた。

さらに超食べ盛りのこどもたちのご飯もしっかり作っているという・・・

私は1週間くらいは吐き気でほとんど起き上がれず、ただ寝たきりで、食べられなかったので。
副作用の出方も、度合いも、本当に人によるのだと思う。

そして本格的な脱毛が始まる前に、髪を短くしてほしいといわれていたが
不器用な私は実はとても気が重かった。

私の断髪は、妹がプロ並みにベリーショートにうまく切ってくれたのだが・・・。

ところが。

昨日訪問したら、なんとロングヘアをなかなかおしゃれなショートヘアにしているではないか!

聞けば、自分で切ったという(絶句)

私が気がかりに思っていることに気が付いて、自分で施した様子。

襟足の部分だけ簡単に整えてあげるだけで済んだ。すまないね・・・
それにしても本当に器用だと思うよ。

今日の連絡。

びっくりするくらい脱毛が進んだ、とのこと。

徐々に抜けていった私とは、ここも違う。
なんか、全体的にスピード感があるな・・・

この勢いで、疾風のごとく終わってくれたらいいのに。

そうはいかないか。4クールやらねばならないのだから・・・

しかし、思っていたよりも本人は強く、前向きだったし
副作用はキツイとはいえ、私のときよりも活動できているのが本当にうれしい。

こどもを守るための本能なのか、すごい力を持っているんだな、人間って。

|

« 妹、抗がん剤開始 | トップページ | 北斗昌さんと妹と。 »